プロジェクトマネージメントサービス

豊富な経験に基づいたプロジェクトマネジメントサービス ディレクタイズコンサルティンググループの経験豊富な人材によるプロジェクトマネジメントの代行と実施。

プロジェクト管理を行なう立場(プロジェクトマネージャー)になって、
貴社のプロジェクトのマネジメント代行サービスを提供し、プロジェクトのPDCサイクル(計画、遂行、コントロール)を円滑に運用させます。

統合マネジメント

プロジェクトのマイルストン管理(目標値の設定とその達成度合い)を行なうことで、プロジェクトの進捗状況を的確に把握し、早期に対策を講じます。変更管理についてはベースラインを決定後その影響度をツール等により把握いたします。

品質管理

品質管理では指標の設定を行い、サービスレベルを向上させます。また、レビュー方法や変更による品質への影響に留意し管理いたします。

スコープ

プロジェクト計画書を作成する際には、以下の項目に留意しレビューいたします。(責任範囲と権限の明確化)
・システム対象範囲
・成果物
・役割分担

組織

一番重要なのが、要員計画と体制(責任と権限)作りです。常に将来を意識した体制作りを実施いたします。

時間

作業タスクの洗い出しを行い作業見積りを実施した後、優先度を決定し、スケジュールを確定します。その後は計画実績情報を一元管理する仕組みを構築いたします。

コミュニケーション

コミュニケーションは以下の関係を別に捉えて、必要に応じて対応する要員を別にするなどの対策を講じます。
・対顧客
・対開発会社内
・対開発会社間

コスト

変動費と固定費を常に意識し、原価計画を策定いたします。また、実績との差異を常にウォッチします。

リスク

リスク分析で種別や重要度を決定して、重要度の高いリスクに対して対策を早期に講じます。

調達

ハードや外注先への発注業務はシステム開発で重要となるプロセスです。見積り(サイジング等)や最適な納入時期の決定を行い必要に応じて代替策(現行資源の流用など)をご提案致します。